リフォーム例|ダイヤは売る時代からリフォームする時代に!

ダイヤといったジュエリーのリフォーム例やその流れとは?

流れを確認して

ジュエリーのリフォームを検討されている方は、その流れについてきちんと確認しておく事が望ましいでしょう。リフォームを依頼する際には、一つ一つの過程をじっくりと行っていく事が大切となってくるのです。

ジュエリーをリフォームする際の流れ

まずは予約を行いましょう

ダイヤと言ったジュエリーのリフォームを依頼する際には、まずは電話などでリフォームを取り扱っている業者に連絡し、予約を行う必要があるでしょう。その際にはどのようなジュエリーの持ち込みを行い、どのようなリフォームを行いたいのかといった事を伝えておく事でスムーズに依頼することが出来るでしょう。

相談を行う

リフォームを行う店舗にて、リフォームの相談を行う事となります。この際には、どのようなリフォームをしたいのかという事をきちんと伝えることが大切になるものです。例えば自分のイメージに近い写真などを用意することによって、お店のスタッフに自分の希望に近いイメージを伝える事が出来るようになるでしょう。

デザインを検討して

具体的なデザインを決定していく事となります。この際に決定した内容が、ジュエリーのリフォームに直接反映される事なりますから、きちんと検討していく事が大切となるでしょう。デザインについて不明な点がある場合には、この時にきちんと質問しておく事が大切となります。

リフォームを行う

具体的なデザインを決定する事が出来ましたら、リフォームが行われる事となります。リフォームが開始された後は、デザインの変更を行う事ができないケースもありますから注意が必要となるでしょう。ダイヤなどが使用されたジュエリーは非常に繊細なものとなるため、リフォームに要する目安の期間を確認しておくと良いでしょう。

仕上がりを確認する

ジュエリーのリフォームが完了しましたら、店舗にて仕上がりを良く確認してください。この際には、決定したデザイン通りになっているのかを細かく確認する事が重要となります。またきちんとフィッティングを行うなどして、サイズが合っているのかを確認することも忘れないようにしましょう。

リフォーム例

アクセサリ

指輪をペンダントに

デザインが古くなってしまったために使用されなくなったダイヤのリングを、ペンダントにリフォームさせるといった事が良くあるでしょう。リフォームを受けている店舗によっては、残ったリングの金属を買取してくれるような場合もありますよ。買取も行ってくれるのかという事は事前に確認しておく事をお勧めします。

大きさが異なるダイヤ

例えば大きさの異なるダイヤをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。そのような場合でも、素敵なジュエリーへと変身させる事が可能となっています。大きさが異なっている場合であっても調整するような事が可能ですから、違和感を残さずにピアスへと加工するような事が出来るのです。

広告募集中