ダイヤは捨てられない!それならリフォームするべし

ダイヤといったジュエリーのリフォームに関する記事

アクセサリ

リフォーム例

ジュエリーのリフォームを考えているような方は、こちらでリフォームの事例について確認しておきましょう。また、こちらでリフォームを行う際の流れを把握しておく事をお勧めします。

READ MORE

売るのはストップ

大切な思い入れのあるダイヤを、もう使わないし現金にできるので売ってしまおうと思っている方もいるかもしれませんが、リフォームをすることで新たなアクセサリーにすることが可能です。そうすれば代々受け継いで使用することも可能なのです。

[PR]

ダイヤでリフォームをするならココ!
明朗会計なのが嬉しい★

生かすも殺すもあなた次第

ダイヤモンド

メールでも注文することができる

ダイヤのリフォームは、ネックレスやリングだけではなく、イヤリングやピアス、ペンダントなども作ることができるようになっています。飽きてしまうのは仕方のないことですが、大切な思い出があるのなら専門の業者に依頼すると良いでしょう。
注文方法は店頭でも受け付けられていますし、メールで注文することも可能です。メールでの注文は、イメージがあれば写真を添付して送った方が伝わりやすいです。また、メールで説明すると口頭で行なうよりも、どんなデザインにしたいのか自分でも情報を整理することができるのです。

それぞれの注文方法に良さがある

メールで注文できる業者はいくつかありますが、業者によって受け付けられる範囲が違いますので注意が必要です。例えば、ラウンド型のダイヤでないと受け付けてくれないところもありますし、大きさにも規定があるかもしれません。それでもリフォームする場所が遠方にある人にとっては話し合いの機会を少なくすることができて便利でしょう。
直接店頭で話し合うことのメリットとは、そのリフォーム技師の手さばきや聞き取る能力を目の前で知ることができるというものです。ダイヤが本物かどうかを鑑定してもらいたいというときにも直接持ち込めば素早い判断ができるので嬉しいです。

新着情報

ジュエリーのリフォームのことについて知ろう

予算をあまり取ることができません

ダイヤをもしリフォームする際には、いくつかの方法があります。セミオーダーかフルオーダーといった方法です。セミオーダーなら予算が少ないという人でも、既存のデザインにはめ込むことができてコストカットしたリフォームができます。

なぜわざわざリフォームするの?

ジュエリーは実は財産として扱うことができるものです。消耗品ではありませんし、宝石の価値は乱高下するものではないからです。特にダイヤなら価値が安定しているので、売って現金にするよりもリフォームして持ち続けた方が良いといえます。

リカットもしてもらうことができますか?

ダイヤは硬質な宝石となっているため、カットの技術も相当なものが求められます。そのため、全てのお店にリカットを行なえる職人が存在しているわけではないのです。磨きのみ行なってくれるところもあるので、調べてみましょう。

立爪のリングはもうダサいの?

一昔前まではダイヤといえばその輝きをダイレクトに感じることができるとして、立爪のデザインが人気でした。しかし、時代は移り変わるので、立爪のデザインはあまりありません。同じ立爪であっても、形を変えて現代的なスタイルが存在するのです。

良いリフォーム店を選ぶコツは?

お店を選ぶ際には鑑定士や職人、デザイナーなどいろんな点が選ぶ基準になります。その中でも、お金のことは重要になってきます。予算通りに抑えてくれることも大事ですし、追加の料金が出ないように最初に提示してくれると安心です。

広告募集中